■ハンバーガールZとは?
「ケチャップ」「マスタード」、まいどリームスを加えた「まいどハンバーガールZ」の3チームからなるアイドルユニット。
大阪のシンボル・通天閣の地下にあるわくわくランドSTUDIO210を本拠地にライブ活動を行っている。

■略歴
2013年3月、西日本ハンバーガー協会会長(現・広報室室長)・薮伸太郎の発案で、淡路島バーガー協議会との合同企画として「淡路島とご当地バーガーを応援するアイドル」をテーマに、世界初のご当地バーガーアイドル「淡路島ハンバーガール」として誕生した。

2014年4月に1期生が卒業し、新たに2期生が誕生。3人組から5人組になり、名称も「淡路島ハンバーガールZ(ゼータ)」に変更。また、公開オーディション時にイーゼル藝術工房リーダーの竹下壽晃の発案で、オーディション落選チームで新たなアイドルを結成。薮により、「日本のハンバーガーを応援するご当地バーガーアイドル」とテーマとして、「にっぽんバーガー姫」と命名された。

2014年11月より、「淡路島ハンバーガールZ」と「にっぽんバーガー姫」を統合し、「西日本ハンバーガールZ」としての活動をスタート。淡路島に加え、通天閣地下劇場をホームグラウンドに、ライブ活動を行う。

2015年4月に、3期生が加入。関西テレビ「桃色つるべ」にて、悲願であったももいろクローバーZさんとの共演(ただし静止画と動画のみ)を果たす。

2015年夏にアメリカのニュースサイトでハンバーガールが掲載されたことをきっかけに、ドイツ、イギリス、ロンドン、バングラディシュなど世界中のネットで話題になる。これを機に「ハンバーガールZ」に改称した。

楽曲はすべてイーゼル藝術工房による作曲、編曲で製作され、歌詞は薮伸太郎が担当。ダンスの振り付けはすべて、イーゼル藝術工房のピアノ担当・西本佳那が行っている。
カチューシャとスカートはスタイリストのセブントレイン・牧野浩之さんによる手作りで、シャツやパーカーは「プリントショップ3P」さんにご協賛頂いていた。2015年、クラウドファンディングが成功し、新衣装を制作。デザインはセブントレイン・牧野浩之さんにより一新された。
ハンバーガールのロゴやポスター、バッジなどのデザインは、アートディレクター・吉野啓史さんによるもの。公式サイトはイーゼル藝術工房の小説家、廣岡ミキオが手がけ、写真のコーナーはファンの方が制作されたページにリンクを貼らせて頂いている。

■メンバー構成
和牛100% りーにゃ(ピンク)※サンミュージック大阪
レタス くぅちゃん(イエローグリーン)※サンミュージック大阪
トマト ひなた(レッド)※サンミュージック大阪
おさかな あかりん(ブルー)※翔エンターティメント
チキン ほのか(オレンジ)※翔エンターティメント
Wたまねぎ(右) みーたん(イエロー)※劇団ひまわり
Wたまねぎ(左) りおにゃん(イエロー)※劇団ひまわり
ベーコン つーみん(ピンク)※放映新社
たまご まいまい(ホワイト)※テアトルアカデミー大阪
アボカド ゆうり(ブルー)※テアトルアカデミー大阪
パイン さやか(オレンジ)※クラージュ
なすび みなみん(パープル)※舞夢プロ
ピクルス まなるん(グリーン)※舞夢プロ

■ディスコグラフィ
「淡路島ハンバーガール」
「淡路島に行こうよ」
「淡路島は夜の8時」
「行くぜっ!淡路島ハンバーガールZ」
「にっぽんバーガーダンス」
「真夏のハンバーガール」
「スマイルでレッツラブ!またはハンバーガールバレンタイン大作戦」
「NO EAZEL, NO HAMBURGIRL!」※イーゼル芸術工房とのコラボレート
「ぼくらが淡路島に行く理由~BOY MEETS HAMBURGIRL~」
「バンズの中ふたりぼっち」
「love burger」

■西日本ハンバーガー協会とは?
「ご当地ハンバーガーが、人と人、人とまち、とをつなぐ架け橋となる」をスローガンに掲げ、西日本の魅力を心で味わえる地域振興」を目指し活動。「マクドナルド」とんかつマックバーガーソース開発や、「鈴鹿サーキット」とのコラボレート公式バーガー、エイベックス「a-nation」公式バーガーの開発、ご当地バーガーフェスタの企画運営、インターネット番組制作などを行う。 ハンバーガールZを総合プロデュース。